忍者ブログ  
川端志季のお知らせや近況を綴るブログです。
| Home | 日常 | お知らせ | Other |
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんにちは!前の日記で、次は椅子の話を書く!と言いましたが、先日その椅子が届きました。

わりと近くに椅子の専門店があると知り、アシスタントさん3人と一緒にふら〜っと行ってみました。
落ち着いた雰囲気の店内にはデスクチェアがズラーッと並び、店員さんはすごく丁寧に体にあった椅子の座り方を教えてくれました。
私はデビュー前に6千円程で買った椅子を4年以上使っていたんですが……某広告並みに「うわっ……私の椅子でかすぎ!?」となりまして。散々試乗させていただいたのち、ひとつ購入した次第です。とても気に入っています。

気に入っているのでその話を事細かに話したかったんですが……

それを上回る衝撃的な出来事があったのです。

よく宅配を頼む本格的なインドカレー屋さんで、その日もカレーとナンのセットを頼みました。
ちなみに出前を持ってきてくれるのは愛想のいい日本人のお兄さん。

でもその日、食事が終わってから領収書が無いことに気づきました。

1食くらいいいかなぁ…でもまたすぐ注文するだろうし、その時に一緒に持ってきてもらうなら早いうちに言っておいたほうがいいだろうなぁ

と、初めて電話をしてみることに。(出前はインターネットでしていたので、電話は使いませんでした)

これが悲劇の始まりでした。

数回のコールの後、受話器が取られたようなのですが、向こうは無言。「あれ?お店なら店名言うよね……番号間違えた?」と思ったのですが…

「○○カレーさんですか?」と聞いたら
「はい、○○カレーよ。」と…男の人の声。

あ、インド人だ。
一瞬でわかりました。本格インドカレーだからね。店員がインド人でもなんらおかしくはない。

「すみません、先ほど宅配をお願いした川端ですが、領収書が入っていなかったので…」
一通り説明しても、反応がない。ただの屍のようだ。
「あの…もしもし?」

電波が悪いのだろうかと思っていたところ……衝撃のひとこと。

「わたし、日本語わからない」

ウソやろ!?

じゃなぜ電話に出た…。いや、今はそんなこと言っている場合ではない。
「あ…じゃあ、日本語話せるかたはいますか?」
「??」
「日本のスタッフ、いますか?」
「??」
通じるわけがない。私が話しているのは日本語なのだから。
すると相手が助け舟を出してくれた。

「英語なら話せるよ〜」

まじか。でも私、英語は下の下。中学生レベルも無理や。
高校卒業してから英語のえの字も使ったことがない。今のところ私の漫画にも英語は不必要だ。
退化してこのまま消滅する予定の記憶の糸を辿り…

「May I talk to Japanese,please?」

言えた。言えたはずだ。しかもつっかえなかったぞ!

インド人「め……め?」


伝わってねえええええ!!!!

え?発音が変だった?そもそも文法が間違ってる?
おかしいな、私結構高いハードル跳んだよね!?なかった事になった?

ここまできたらもう躍起ですよ。

「ジャパニーズスタッフ!スタッフ〜!」

意図せず某お笑い芸人の真似みたくなったじゃないですか。なんなんですか。

そこまで言っても全く伝わる気配がない。コミュニケーションって…こんなに難しいんですか?引きこもってるからよくわからないや////

だんだん相手の声からも「迷惑な客」臭が漂ってきまして…折れました。もういいや、諦めよ。と。
「あ、大丈夫デス。オ忙シイトコロ、スミマセンデシタ。」って言ったら…

「ハ〜イ!バ〜イ!」 ガチャッ……ツーツー……

あ〜……この感じね、ハイハイ。………。

この人どっかに足の小指ぶつけてくんないかな!?

しかも最後のやり取り結構スムーズじゃなかった?気のせいかな?

やり場のない感情を抱えたまま
…ええ、昨日もうちに遊びにきた友人と、ここのカレーを食べました。
涙の味がしました。


PR
ここ2、3ヶ月ポコーッて首の付け根あたりにしこりができてて、最初はそんなに気にならなかったし原稿の締切が終わると小さくなったり消えたりしていたのでそこまで気にしてなかったんですが
最近上を向くと結構はっきり浮き上がってくるくらい大きくなってきたので重い腰を上げて近くのクリニックへ行ってきました。
ご心配かけたくないので結果を先に言うと、たぶん何でもない!です!

まだ今住んでいる部屋に引っ越して1年ちょっとなので、どの病院に行っていいかわからず…何科に行けばいいのかもわからず、歩いて1分程にある1番近い内科に行ってきました。

現れたお医者さんは50代半ば頃の優しい感じのおじさま。気さくで穏やかでちょっと安心。

じゃ、エコーで見てみましょうか

と言われ診察台に横になる。

あ、エコーってお腹の赤ちゃん見る時以外も使うんだ〜って思ってると、なんかドロッとしたものがあてがわれ「ヒュイイ」とまぬけな声を出してしまう。これは知ってるぞ、エコーを当てる時はジェルみたいなの塗るんですよね!?でも先生!当てる時は当てるって言ってください!

この画面に映ってる黒い影がね〜?って説明してくれるんですが、首にエコーを当てられてるので横を向けない。

画面見ていいよって優しく言ってくださるんですが私が横を向いたらエコーずれて黒い影見えなくなっちゃった!先生!

悪性の腫瘍とかだとここがあーなってこーなって〜と説明していただいて、なんだ違うんだ、よかった〜と安心したのもつかの間

「うーん、でもこんなので見てもよくわかんないんだよね〜はははっ♡紹介状書くから精密検査受けてこよう!」

せんせええええええええ!!!!

……ということで、来月もう少し大きな病院で精密検査をする運びとなりました。
今まで大きな病気をしたことがないので、高校卒業してから健康診断もしてないし、人間ドックも経験なし。いい機会だと思って調べてもらってきます。

エコーも終わり、私の首についたジェル的なものを先生がティッシュで拭いてくれたんですが、それがもう何ていうか

子供がテーブルにこぼしたジュースをお母さんがたしなめながら雑巾で拭くようなかんじ!?

もうすっごい雑!!先生もうちょっと優しくしてください首になんかできてるから!!

でもありがとうございますーつって、違和感が残る首に触れてみたら…べちょって……

全然拭けてねぇ!!!!

でもいいんです。私こういうキャラがたってる人すごく好き。
これから風邪ひいた時はこの先生にお世話になるのだと頷きながら帰ってきました。



 

6月らしい雲が分厚い日です。こんにちは川端です。
今月頭はすごく色々ありました。
普段家に引きこもりがちな私ですが
デビュー後、新人研修のために出て以来、3年ぶりに謝恩会にお邪魔してきました。
予想外にも…オザキ先生、幸田先生、シタラ先生という大先輩がたと共に新人研修でちょこっとお話させていただくこととなり、また楽しい体験が増えました。

パーティーのような華やかな場所はどうも自分にはキラキラしすぎていて、伺うまで出席を躊躇うんですが…普段ご挨拶できないようなコミック関係のかたがたとお会いできたり、他紙の先輩作家さんにご挨拶できたりと…「やっぱり行ってよかった〜!」となるんですよね!本当に幸せな1日でした。
まさかの抽選会で別マ賞をいただき、その商品を選んだのが私の担当さんだったと知りまして、一体これは何の運命!?という物凄い奇跡もおきました。

書きたいことが多すぎるので箇条書きで残しておきます。

・かねこさん明生ちゃんとはめちゃくちゃスカイプしてるのに、この日初対面でした。会って1秒で馴染みました。
・はるのちゃんは隣にいると思ったらいつの間にか消えたりいつの間にかまた隣に戻ってきてたりでした。相変わらずでした。かわいい。
・途中からゆりさんと合流。編集Iさんと3人で田村由美先生にご挨拶に伺うことに。オーラがすごすぎでした。
・担当編集のFさんがコミック制作に携わっていただいている方々を紹介してくださった。名刺をいただいたのに返せない事に後悔。名刺を作ろうと心に決める。
・Maria先生が声をかけてくださった。お話中に「あ…今すごく幸せ!」と感じる。素敵でした。
・二次会頭は河原先生とお話…というか河原先生相談室みたいな感じになってしまった!全てを受け止めてくださる我らの太陽河原先生。好きすぎて爆発しました。
・あむ先生をあむたんと呼ぶ事にしたら、しきにゃんと呼び返されしきにゃん!?となってもあむたんに言われるとまったく違和感がないのが不思議です。
・安藤先生、フィーバー!安藤先生のフィーバーっぷりはここでは書けないけど、更に大好きになりました。
・三次会。オザキ先生と気が合いすぎて二人で盛り上がる。二人の世界にいざなわれる。いくらでも語り合えるかたを見つけてしまった。
・梅野先生がエロかわいくて横目でチラチラ観察。喋ると方言が可愛すぎて膝から力が抜けそうになりました。
・始発までホテルのオザキ先生の部屋で数名でおしゃべり。すでに眠気はあったのに幸田先生が面白すぎて笑っていたら朝になってました。

・朝、ゆりさんとはるのちゃんと帰宅。私とゆりさんは同じ方向の電車、はるのちゃんは逆方面。人気が少ないホームで向かい合わせにしゃべってる時はあれこれ何の青春映画?という感じでした。

別の日、東京に残った明生ちゃんと担当さんが一緒ということで、急遽3人で打ち合わせすることになりました。これもまた面白かった…。
明生ちゃんとは打ち合わせの前少し早めに待ち合わせして、お茶して画材買いに行ってお茶して…待ち合わせまで時間がありすぎて余裕ぶっこいてたら、その待ち合わせに遅刻するという私たちらしいミス!
担当さんには信じられないくらい美味しいお肉をご馳走になりました。あれ、打ち合わせは…?というくらい盛り上がってしまって、その後場所を移して本格的な打ち合わせへ。こんな楽しい日が月に何日もあっていいの!?と、ちょっと怖くなるくらい楽しかったです。


他にも書きたい事があるのですが長くなりすぎるのでまた後日。
今月は『箱庭のソレイユ』1巻も発売となります。そちらもどうぞ宜しくお願いいたします!



うちの近くのサークルケーさん、すごくうまい棒が充実しています。
なのでアシスタントさんに入って貰う時は、うまい棒を大人買いして食べ放題にしてるんですが
アルバイトのお兄さんTさんというかたが本当にうまい棒をビニールに詰めるのが上手くて惚れ惚れするような仕事をされます。
アシさんには「志季さんは絶対そのサークルケーであだ名が『うまい棒の人』ですよ」って言われてます。私もそう思います。私にとってはアルバイトのTさんが『うまい棒の人』なんですが。

ところでプレミアムうまい棒の明太子味が美味しくて……止まらない!

蝶々置いていきますね。


こんにちは、川端です。
ただいま発売中の別冊マーガレット6月号に、箱庭のソレイユ4話掲載していただいてます。今月もどうぞ宜しくお願いいたします。
来月は1巻発売…ということで、原稿の修正作業やカバーイラストを描いていました。いつもお世話になっているデザイナーのH嶋さんのおかげでめちゃくちゃ可愛い表紙となりましたのでお楽しみに!

連載をしていると極度に外出することが減るため、運動不足が深刻になってきていました。締切前になると動いてなくても息がはぁはぁするんですよね。変質者じゃないですよ。興奮してないですよ。
ちょっと危ないなぁと感じ始めたので、万歩計を買って毎日1万歩を目標に歩くようにしています。走りたい気分の時は走ってるんですが、走ると歩数が稼げなくて同じルートなのに損をした気分になるので半々です。雨の日は気持ちいいので走ってます。

この間は散歩に友達が付き合ってくれました。
 


その時見つけた変な形の木。



このあたりで安定の迷子。影が長くてONE PIECEっぽいねって話をしてました。

そんな感じで私は元気です。
今日はあと2000歩歩かないと!




Powered by Ninja Blog Template by CHELLCY / 忍者ブログ / [PR]