忍者ブログ  
川端志季のお知らせや近況を綴るブログです。
| Home | 日常 | お知らせ | Other |


こんにちは!川端志季です。
発売中の別冊マーガレット9月号に『箱庭のソレイユ』7話、掲載していただいてます^^宜しくお願いいたします。

前回の締め切り中にパソコンが故障したりなんだりで更新が遅れてしまいました。
実は今月、東京の青梅市で開催されたおそ松さんファンによる展覧会『マジ展2016』にこっそりと参加させていただいておりました。
青梅は私の出身地なのですが…「赤塚不二夫会館」があるにも関わらず20年以上住んでいながら1度も入ったことがありませんでした。しかし、その前を何百回と通ってはいるので、存在は知っていました。そして…赤塚先生のご出身も青梅なのか〜…と思っていたんです。つい最近まで。

で、wiki先生で調べてみたところ…

親族を含め赤塚不二夫と青梅市に縁は特にない。

えマジで?

すっごい勘違いしてました。て言うか多分、周りの何人かには「赤塚先生って青梅出身ぽい」みたいな話してしまってたよ!ごめんなさい!

そんな私のおそ松さん知識ですが。アニメ2期まで全話観たにもかかわらず全員の顔と名前がまだ一致しません……。十四松くんとトド松くんくらいです。一発でわかるの。そんなニワカなので…さすがにこの大人気の六つ子を描く勇気は無く。「かわええなぁ」と思っていたトト子ちゃんを描かせていただいた次第です。

人様の作品のキャラクターを描く機会って滅多にないので緊張しました。
何はともあれ‥‥


展覧会の前に宣伝しなきゃね!!ごめんなさい!

PR
本日、別冊マーガレット8月号発売です!
「箱庭のソレイユ」6話もどうぞ宜しくお願いいたします^^

先日、年末年始に日の出を見に行く幼馴染二人が遊びにきました。
今月私の誕生日ということもありケーキを買ってきてくれて、なんとロウソクまで!私たちは付き合いは長いですがお互いの誕生日を祝う習慣は無いので驚きました。なんて風の吹き回し!っていうか私の誕生日知ってたんだ!ありがとう!

ロウソクの火をつけて、部屋を暗くしたら二人が誕生日の歌を歌ってくれました。

ふたり「「♪ハッピバースデ〜」」

私「もっと!ネイティブっぽく!!」

ふたり「「は……っ ハッピぶぁ〜スディ〜」」

私「まだいける!!もっとアメリカを感じて!」

ふたり「「ヘッピべ〜スデ〜!!!!」」

ロウソク吹き消す前に笑いすぎてなんか疲れました。

なにはともあれ「来年はマリリンモンロー風に歌えるように練習してくるわ」って言ってもらえたので楽しみにしようと思います。


こんにちは!前の日記で、次は椅子の話を書く!と言いましたが、先日その椅子が届きました。

わりと近くに椅子の専門店があると知り、アシスタントさん3人と一緒にふら〜っと行ってみました。
落ち着いた雰囲気の店内にはデスクチェアがズラーッと並び、店員さんはすごく丁寧に体にあった椅子の座り方を教えてくれました。
私はデビュー前に6千円程で買った椅子を4年以上使っていたんですが……某広告並みに「うわっ……私の椅子でかすぎ!?」となりまして。散々試乗させていただいたのち、ひとつ購入した次第です。とても気に入っています。

気に入っているのでその話を事細かに話したかったんですが……

それを上回る衝撃的な出来事があったのです。

よく宅配を頼む本格的なインドカレー屋さんで、その日もカレーとナンのセットを頼みました。
ちなみに出前を持ってきてくれるのは愛想のいい日本人のお兄さん。

でもその日、食事が終わってから領収書が無いことに気づきました。

1食くらいいいかなぁ…でもまたすぐ注文するだろうし、その時に一緒に持ってきてもらうなら早いうちに言っておいたほうがいいだろうなぁ

と、初めて電話をしてみることに。(出前はインターネットでしていたので、電話は使いませんでした)

これが悲劇の始まりでした。

数回のコールの後、受話器が取られたようなのですが、向こうは無言。「あれ?お店なら店名言うよね……番号間違えた?」と思ったのですが…

「○○カレーさんですか?」と聞いたら
「はい、○○カレーよ。」と…男の人の声。

あ、インド人だ。
一瞬でわかりました。本格インドカレーだからね。店員がインド人でもなんらおかしくはない。

「すみません、先ほど宅配をお願いした川端ですが、領収書が入っていなかったので…」
一通り説明しても、反応がない。ただの屍のようだ。
「あの…もしもし?」

電波が悪いのだろうかと思っていたところ……衝撃のひとこと。

「わたし、日本語わからない」

ウソやろ!?

じゃなぜ電話に出た…。いや、今はそんなこと言っている場合ではない。
「あ…じゃあ、日本語話せるかたはいますか?」
「??」
「日本のスタッフ、いますか?」
「??」
通じるわけがない。私が話しているのは日本語なのだから。
すると相手が助け舟を出してくれた。

「英語なら話せるよ〜」

まじか。でも私、英語は下の下。中学生レベルも無理や。
高校卒業してから英語のえの字も使ったことがない。今のところ私の漫画にも英語は不必要だ。
退化してこのまま消滅する予定の記憶の糸を辿り…

「May I talk to Japanese,please?」

言えた。言えたはずだ。しかもつっかえなかったぞ!

インド人「め……め?」


伝わってねえええええ!!!!

え?発音が変だった?そもそも文法が間違ってる?
おかしいな、私結構高いハードル跳んだよね!?なかった事になった?

ここまできたらもう躍起ですよ。

「ジャパニーズスタッフ!スタッフ〜!」

意図せず某お笑い芸人の真似みたくなったじゃないですか。なんなんですか。

そこまで言っても全く伝わる気配がない。コミュニケーションって…こんなに難しいんですか?引きこもってるからよくわからないや////

だんだん相手の声からも「迷惑な客」臭が漂ってきまして…折れました。もういいや、諦めよ。と。
「あ、大丈夫デス。オ忙シイトコロ、スミマセンデシタ。」って言ったら…

「ハ〜イ!バ〜イ!」 ガチャッ……ツーツー……

あ〜……この感じね、ハイハイ。………。

この人どっかに足の小指ぶつけてくんないかな!?

しかも最後のやり取り結構スムーズじゃなかった?気のせいかな?

やり場のない感情を抱えたまま
…ええ、昨日もうちに遊びにきた友人と、ここのカレーを食べました。
涙の味がしました。




本日、『箱庭のソレイユ 1巻』発売です!

宇宙を駆けるよだかの時は5ヶ月に1冊だったんですが、ソレイユからは1話分のページ数を増やし4ヶ月で1冊ペースなのでやっぱりとても早いです!もう1巻!
ラブコメを描くなんて言っていたのはどこの誰でしょうか。思いっきりサスペンスになりました。
ストーリーは序盤、これからどんどん展開していきます。1巻の続きはただいま発売中の別冊マーガレット7月号で読めますのでそちらもどうぞ宜しくお願いいたします^^

ちょっと表紙について語らせてください……

絵に自信がない私が自分のコミックスを好きになれるのは、100パーセント!100パーセント、デザイナーさんと担当さんのおかげなんです。

デザイナーのH嶋さんは初単行本の「青に光芒」の時からよだかもずーっとお世話になっています。とにかく可愛いロゴを作ってくださるし、私がちょちょいっと素材として絵を描いてお渡しするとこんなに可愛く仕上げてくださるんです!
表紙をどんな感じにしましょうかという打ち合わせの時なんて、いつも可愛いラフ絵をたくさん描いてきてくださって、もう……

姉御ー!どこまでもついていきますー!

という心持ちです。
大切な一巻、どんなイメージにしようか、と、担当さんもアイディアやアドバイスをたくさんくださいました。
画像だと見辛いんですが、なんとタイトルや背景の一部は金色なんです!こう…角度によってキラキラするんです!可愛い〜!

今月頭の謝恩会でご挨拶させていただいた関係者様方、サポートしてくれているアシスタントさん、本当にたくさんのかたのお力をいただいてコミックスはできるんだと痛感しています。
川端志季って、グループ名なんじゃないかと思っています 笑





来月号の扉絵は葉桜です。葉っぱを描くの大好きなのでテンション上がりました!

物語作りも凄く木に似ていて、色んな可能性の枝が広がっています。
今月のネームも…だいぶ押しに押してしまいました。
今まで「描きたいことがない」と悩んだことはほとんど無く、むしろ描きたいことや、入れておかなければいけないエピソードがひっちゃかめっちゃかになって苦しみます。
どうすれば読みやすくなるか、楽しんでもらえるか、何度もプロットの段階でエピソードを入れ替えていたらあっと言う間に月末。残りの時間をめいいっぱい使って原稿頑張ってきます!

あ、そうだ今月アシさん3人と一緒に椅子の専門店に行ってきたというネタがあるのに話忘れていました!それはまた来月!それでは〜!
ここ2、3ヶ月ポコーッて首の付け根あたりにしこりができてて、最初はそんなに気にならなかったし原稿の締切が終わると小さくなったり消えたりしていたのでそこまで気にしてなかったんですが
最近上を向くと結構はっきり浮き上がってくるくらい大きくなってきたので重い腰を上げて近くのクリニックへ行ってきました。
ご心配かけたくないので結果を先に言うと、たぶん何でもない!です!

まだ今住んでいる部屋に引っ越して1年ちょっとなので、どの病院に行っていいかわからず…何科に行けばいいのかもわからず、歩いて1分程にある1番近い内科に行ってきました。

現れたお医者さんは50代半ば頃の優しい感じのおじさま。気さくで穏やかでちょっと安心。

じゃ、エコーで見てみましょうか

と言われ診察台に横になる。

あ、エコーってお腹の赤ちゃん見る時以外も使うんだ〜って思ってると、なんかドロッとしたものがあてがわれ「ヒュイイ」とまぬけな声を出してしまう。これは知ってるぞ、エコーを当てる時はジェルみたいなの塗るんですよね!?でも先生!当てる時は当てるって言ってください!

この画面に映ってる黒い影がね〜?って説明してくれるんですが、首にエコーを当てられてるので横を向けない。

画面見ていいよって優しく言ってくださるんですが私が横を向いたらエコーずれて黒い影見えなくなっちゃった!先生!

悪性の腫瘍とかだとここがあーなってこーなって〜と説明していただいて、なんだ違うんだ、よかった〜と安心したのもつかの間

「うーん、でもこんなので見てもよくわかんないんだよね〜はははっ♡紹介状書くから精密検査受けてこよう!」

せんせええええええええ!!!!

……ということで、来月もう少し大きな病院で精密検査をする運びとなりました。
今まで大きな病気をしたことがないので、高校卒業してから健康診断もしてないし、人間ドックも経験なし。いい機会だと思って調べてもらってきます。

エコーも終わり、私の首についたジェル的なものを先生がティッシュで拭いてくれたんですが、それがもう何ていうか

子供がテーブルにこぼしたジュースをお母さんがたしなめながら雑巾で拭くようなかんじ!?

もうすっごい雑!!先生もうちょっと優しくしてください首になんかできてるから!!

でもありがとうございますーつって、違和感が残る首に触れてみたら…べちょって……

全然拭けてねぇ!!!!

でもいいんです。私こういうキャラがたってる人すごく好き。
これから風邪ひいた時はこの先生にお世話になるのだと頷きながら帰ってきました。


Powered by Ninja Blog Template by CHELLCY / 忍者ブログ / [PR]